Information- Concert/Event

【癒しと浄化のヨガと音の瞑想ワークショップ】

[日時] 2019年12月5日(木)10:30-12:30
[場所] スタジオcocona 岐阜市柳津町本郷5-37
[会費] 4,000円
[申込] https://ssl.form-mailer.jp/fms/165a96ed643334
または、 058-372-6874 奥村まで
[Facebook] https://www.facebook.com/events/1384048898432651/

【テーマ】
ゆったりとした癒しと浄化のヨガで心とカラダを解放した後は、
シャイアン氏のバーンスリー演奏を聴きながら瞑想します。
自分の中にある神聖な場所と繋がり、
自身が本来持っている内なるパワーを引き出してゆきましょう。

   

【癒しと浄化のヨガ】

奥村みどり(Mii Shanti) / Reikiヒーラー
LaxmiYOGAヨガマスター、RYT200取得、RTY500取得予定
酵素ファステイングマイスター講師、豆腐マイスター講師
国際食学協会 マクロビオティック/美容食学講師、準食学士など

ヨガインストラクター養成講座の講師を務めながら、
自家農園で採れた新鮮で安心な野菜や果物を使った
Organicマクロビオティック料理教室を主宰。
KOMBUCHA株分けレッスンなど自家製発酵調味料講座、
マクロ美スイーツ講座、月2回のマクロ美ランチ付きヨガなど
多くの女性に支持を得ている。

【音の瞑想】

〜バンスリ とは〜
インドの楽器で竹笛のこと。
見た目は、篠笛ににており、音色は尺八のようだともいわれる。
ヒンドゥー教の神様は、楽器が象徴となっていることも多く、
バンスリは「クリシュナ神」の象徴となっている神秘的な楽器。
深く染み渡る音色から、軽快な音色まで様々な顔を持ちます。
メロディーは、静かに始まりだんだんと高まっていき、
知らぬ間に「音の旅」へと誘います。
北インド古典音楽は、95%が即興で演奏されます。

〜タンプーラ とは〜
弦楽器タンプーラは、インド古典音楽の背景で
途切れる事なく流れるドローン(持続音)であり、
インド古典音楽において不可欠な伴奏楽器である。
演奏者のチューニングのための音であり、
インド音楽の雰囲気をつくる大切な役割でもある。
メロディーなどはなく、同じ音を一定の間隔で弾き続けるその音は、
「宇宙の音(AUM)」と呼ばれることもあり、
心や体に深く染み込んでいき一体感を感じさせてくれます。

〜Shyan Kishore(バンスリ奏者)〜
ロンドン生まれイギリス人。
1996年にバンスリーに出逢い、バンスリーの第一人者である
ハリプラサット・チャウラシア氏に師事。
ロンドンのRoyal Festival Hallなどに出演し、
古典分野やフュージョン音楽の舞台や世界各地の音楽フェスティバル、
スピリチュアルイベントでも演奏。
キールタンアーティストDeva Premal& Miten、
グラミー賞受賞チベットシンガー、ヤンチェン・ラモとも
共演する世界を旅するアーティスト。

〜Masha Amaura(タンプーラ伴奏)〜
〝魂に響く〟と讃えられるダンスをインドや日本などのステージで
踊っているうちに、自分が共鳴している音が、
インド古典音楽を支えるために必須の楽器で〝宇宙の音〟
とも言われる「タンプーラ」であることに気づく。
生命力にもつながるその倍音(振動)と共鳴する心地よさを伝えるために、
タンプーラの伴奏を始めた。
国内外のインド古典音楽コンサートでの伴奏、
ヨガ講師とのコラボレーションでの伴奏も行っている。

2002年5月来日公演《速報》

詳細は、追ってホームページにアップいたします!!!