リズムとメロディー

ダンスと一言で言ってもいろいろ。 ダンサーによって、大切にしていることも全く違う。   あるダンサーは言う 「ダンスっていうのは、何かを表現するものではなく、リズムを感じるものだ!」 あるダンサーは言う 「見えない感情を表すものがダンスだ!」 あるダンサーは言う 「その時に感じたものを表現するだけだ!」   どれでもでもいいと思う。 どれも正解だと思う。   と、決めつけるのが嫌いな私は、そう思う。 そして、わたしは、それぞれの意見にあてはまる踊りに携わってもいる。   西洋音楽とインド音楽の違いから生まれる発想もあると思う。   一定の安定した、リズムの中にメロディーがあるのが一般的な西洋音楽。 それに対して、インド音楽の一般的なのは、一定のメロディーがあり、リズムが遊ぶ。 もちろん、それぞれその逆もある。   そして、 インド音楽は、最後の節で終わらない。 まるで、円を描くようにずっとループしている。 インド音楽の終わりは、最初の音で終わる。 最初で終わるということは、最後であり次の最初である。 つまり、終わりがない。   輪廻転生の哲学とも繋がる。 この世に正解と不正解はあるのだろうか。 でも、一定の導きや枠が無いとずれていくのも確かだものね。   だから、「師」が存在するのですね。 人それぞれにあった「師」に出会える。 その「師」とは、目の前の人かもしれないね。 Masha