柳の枝に雪折れなし

以前、友人に言われた言葉がずっと私の支えになっている   柳の枝に雪折れなし 「柔軟なものは、強堅なものよりかえって物事によく耐え忍ぶものである」   私は、体の柔軟性がありすぎて、怪我ばかりしていた。 本当の柔軟というのは、芯の強さのある柔軟さ。 昔の私の踊りは、芯がなく、止まることができず、筋肉もなく。。。 なんど、転んだか。 なんど、痛めたか。 なんど、歩けなくなったか。   今は、少し進歩したと思う。 芯ができると、体がオフバランスの体制でもバランスがとれるようになる。 次の動きに入るためのプレパレーションが的確にとれるようになる。 回転がしやすくなる。   この進歩とともに、精神的な変化も起きている。 昔の知り合いに久しぶりに会うと、強くなったねと言われる。   内面からアプローチする自分との向き合い 外側からアプローチする自分との向き合い   ダンスという方法で、外側からのアプローチによって、自分と対話する。 成長する。   気付きとは、ありがたいギフトですね。 Masha

リズムとメロディー

ダンスと一言で言ってもいろいろ。 ダンサーによって、大切にしていることも全く違う。   あるダンサーは言う 「ダンスっていうのは、何かを表現するものではなく、リズムを感じるものだ!」 あるダンサーは言う 「見えない感情を表すものがダンスだ!」 あるダンサーは言う 「その時に感じたものを表現するだけだ!」   どれでもでもいいと思う。 どれも正解だと思う。   と、決めつけるのが嫌いな私は、そう思う。 そして、わたしは、それぞれの意見にあてはまる踊りに携わってもいる。   西洋音楽とインド音楽の違いから生まれる発想もあると思う。   一定の安定した、リズムの中にメロディーがあるのが一般的な西洋音楽。 それに対して、インド音楽の一般的なのは、一定のメロディーがあり、リズムが遊ぶ。 もちろん、それぞれその逆もある。   そして、 インド音楽は、最後の節で終わらない。 まるで、円を描くようにずっとループしている。 インド音楽の終わりは、最初の音で終わる。 最初で終わるということは、最後であり次の最初である。 つまり、終わりがない。   輪廻転生の哲学とも繋がる。 この世に正解と不正解はあるのだろうか。 でも、一定の導きや枠が無いとずれていくのも確かだものね。   だから、「師」が存在するのですね。 人それぞれにあった「師」に出会える。 その「師」とは、目の前の人かもしれないね。 Masha  

言葉の苦手意識が踊り続ける理由

私は、自分のクラスの時、私が一番楽しんでいる気がする。 楽しくて仕方ない。 ただ、楽しい。そして、みんなの笑い声が楽しい。 最高の幸せ。   でも、言葉を発するのが苦痛な時がある。 出てくるのは、擬音だけ。 左右・肘と膝・肩甲骨と鎖骨、間違えたことないクラスは、ハナマル!笑 そして、説明が言葉でできず、最終的にはわたしの体を触ってもらうしかない。 気の毒な生徒さん。   昔、自分でかいた詩のなかによく、言葉に対する気持ちが書いてあったのを思い出した。   言葉はいらない。言葉なくても通じる魔法がほしい。だったかな? どれだけの言葉に傷つきどれだけの言葉に泣いただろう。とか?? この思いを表す言葉がない。とかかな?   でも、言葉に対してのいろんな感情があるからこそ、言葉の重要さも理解している。 それを埋めたい。   だから、踊っているんだろうなぁ。 笑いながら踊る時が幸せ。 涙がでるほど苦しい時、踊ると幸せの涙に変わる。 表せない「言葉」がある。これが踊り続けている一つの理由。   そして、私は、本当は歌い手さんになりたかった。 でも、音痴。 ダンスクラスの時、課題曲を口ずさむと笑われる。 曲を流すと、「そういう曲だったんですね。」と言われる。笑 そのくらい、音痴ってことです!笑   だからこそ、歌のある曲を踊る時、とっても感情移入しやすい! 歌いたくて仕方ないから、歌い手さんの気持ちで踊れる。 歌い手さんの気持ちになって踊るのが幸せ。 歌、これも言葉だね。   もちろん、踊り方にもよるけれど、、、 私は、何時間でも踊っていたい。 踊っているなかに私の心の休憩がある。   言葉として発するのでなく、ダンスと会話しているんだろうね。。。 Masha

5月レッスンスケジュール

―5月レッスンスケジュール 東海エリア―

◆平田寺 ボリウッドダンス ベーシック ¥2,000 5/8(火) 18:00~19:30 5/16(水) 10:30~12:00 5/29(火) 18:00~19:30 ※体験500円 北名古屋市九之坪宮前6番地 http://heidenji.blog.jp/   ◆岐阜 Studio NAVI ベーシック ¥1,500 5/11(土) 19:00~20:00 ※要予約 岐阜市神田町6-12  シグザ神田2F http://navi-gifukanda.antigravityfitness.jp/   ◆岐阜美濃加茂 Studio Souko 450 会員¥1,500 非会員¥2,000 ※要予約 2/26(月) 16:00~17:00 岐阜県美濃加茂市西町4-50 http://studiosouko450.wixsite.com/studiosouko450    

―5月レッスンスケジュール 静岡

◆焼津 ZENTRA YOGA studio ベーシック ¥1,500 3/19(土) 11:30~13:00 静岡県焼津市本町2-16-45  

―5月レッスンスケジュール 東京

※代行→Azusa となります。 内容「身体の使い方とJazzダンスで培う表現方法★」 ◆東京 studio worcle shibuya ¥3,000 5/20(日) 18:00~19:30 ※要予約 https://www.studioworcle.com/shibuya/map/

愛の眼差し

はじめまして、Mashaです!笑 いままでの文章を全て、コーディネーターあきえに委ねておりましたが、、、 わたくしも、少しづつ、書きたいことを書いていこうかと。。。 どうぞよろしくお願いいたします。     それでぃは、まいります。 わたしにとってダンスとは、人生であります。 ダンスにたくさんのことを教えていただいております。 一生の学び。   その学びの中での、心に刺さってとれない、いただいた言葉を。。。 ある巨匠よりいただいた大切な言霊   「マシャ、君はいつも、目が強く開いているよ。 なんでそんな目で踊るの? 目はね。。。 愛なんだよ。 愛の目で全てを見るんだよ。 愛の目で踊るんだよ。 優しくみてごらん。 そう、それでいいんだよ。」   目で、語るとは何なのか。。。   目で表現しようが、体で表現しようが、、、 ベースにある「愛」や「優しさ」。 これを忘れていては、そんな表現はできない。   頑張りすぎる時、心に余裕のない時、忙しい時、、、 心をなくしている時が多い。   その言葉をいただくまでのわたしは、ただ頑張って踊っていたんだなぁ。。。 カラダの表現を頑張っていたんだなぁ。。   ダンスというものは、その人の在り方がでる。 自分自身の在り方を見つめ直したいと、、、改めて思いました。