柳の枝に雪折れなし

以前、友人に言われた言葉がずっと私の支えになっている   柳の枝に雪折れなし 「柔軟なものは、強堅なものよりかえって物事によく耐え忍ぶものである」   私は、体の柔軟性がありすぎて、怪我ばかりしていた。 本当の柔軟というのは、芯の強さのある柔軟さ。 昔の私の踊りは、芯がなく、止まることができず、筋肉もなく。。。 なんど、転んだか。 なんど、痛めたか。 なんど、歩けなくなったか。   今は、少し進歩したと思う。 芯ができると、体がオフバランスの体制でもバランスがとれるようになる。 次の動きに入るためのプレパレーションが的確にとれるようになる。 回転がしやすくなる。   この進歩とともに、精神的な変化も起きている。 昔の知り合いに久しぶりに会うと、強くなったねと言われる。   内面からアプローチする自分との向き合い 外側からアプローチする自分との向き合い   ダンスという方法で、外側からのアプローチによって、自分と対話する。 成長する。   気付きとは、ありがたいギフトですね。 Masha