->

アメリカ公演での気付き その3

「わたしであること」

 

わたしは、振り覚えが悪いです!

その場で振り付け師が踊ったものを真似するのは、早い方です。

これは勝手に体が反応しているだけで、頭は起動していません。涙

なので、覚えて動いているのとは全く違います。体が勝手に反応するだけですから。

 

しかし、わたしは、振り覚えが早いタイプだと思われることが多いです。

困った。本当に困った。笑

たまにプレッシャーも感じます。

 

でもね、覚えられないんです。

 

仲間のいる時は、お願いして一緒に練習してもらう。

そして、一人でこもる時間も必要になる。

 

わたしの中に、スウィッチがあって、そのスウィッチが入るまでが大変。

なかなかスウィッチが入らない。

スウィッチが入るのもいつか分からない。

ビデオみても振りが入らない。

夜も寝れず、お腹も下し、ご飯も食べられず。。みたいな。

 

だから、クラスに来てくれている生徒さんを尊敬しています。

ちゃんと振りを覚えてすごいなって思います。

わたし、昔から、振りが覚えられない上に、自分独自のリズムの感覚があるようで、振り付け通りのカウントに合わせられないことがよくありました。

致命的。

だから、わたしの感覚を伝えるのも大変。

わたしのレッスンに来てくれる方たちは本当にすごいと思います。

昔のわたしは、振りをおぼえるのもおそく、人に隠れて、スポットライトにも当たらないように踊っていました。

だから、叱られることばかりでした。

タイミングもずれるし、せっかくスポットライトをもらってもそこから離れて踊る。笑

叱られて当たり前です。

 

目立ちたくなかった。

意味不明とよく言われます。笑

 

今は、少し成長しました。

振り覚えは、スウィッチが入ると、感情に近いエネルギーが体を流れ出し、体がスムーズに動くようになる。

 

そのスウィッチが入ると、今までのが嘘だったかのように全ての流れを体が理解している。

やっぱり、ここも頭ではなく、体が目覚める感覚。

 

でも、頭でないからこそ、気持ち良く踊りすぎて違うことをすることも多い。汗

 

っあれ?

やっぱりこれって覚えていないってことか?!汗

(ごめんなさい。これってダメなことですよ。笑)

 

堂々と間違えるから、仲間が驚きます!笑

 

その反面、団体の空気や場の空気に合わせようとしすぎて、動きが小さくなってしまう時もあります。

極端すぎる。笑

 

でも、それを壊してくれるような助言をしてくれる人が現れることが多い。

「何を考え過ぎているの。何も考えず、自分を信じて自分らしく踊ればいい!」

その言葉にいつも支えられている。

 

最近は、その感覚がやっと掴めてきた。

そのままであればいい。

隠れる必要も前に出る必要も何もない。

このままいればいい。

わたしのまま踊れればいい。

 

不器用でいい、笑いたいのだから笑って過ごせばいい。

人と違っていい。みんな違っていい。

 

あの時、あのメンバーであの時間を過ごせて、本当に幸せだった。

アメリカの地が教えてくれたギフト。

そして、今回、一緒に過ごしてくれたメンバーは、わたしの忘れかけていた感覚を目覚めさせてくれた恩人となりました。

 

Masha

About the author: mashadance